PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

3/4

今日はコンビニでワンピース買ってきました。

あと、スーパーに行きました。

久しぶりに吸った外の空気は、とてもおいしかったです。

続き↓


昨日書いたse・きらら

<イベント配布受付>
3/26秋葉原、3/27大阪日本橋で行なう、「se・きらら通常版」の配布の受付について、
明日、3/5(金) 19:00~開始できる予定です。
システム的に数日で作るには結構面倒くさい仕様だったので告知できるかどうかハラハラしましたが、なんとかなりそうです。
※秋葉原/日本橋それなりに数を用意しておりますが、どうしても数量上限がありますので、売り切れ(?)の際はご容赦くだしあ。
http://ameblo.jp/sekirara-staff


明日から受付開始かー
売り切れることなんてあるのかな・・・
予想がつかん。





「第六巻 / つばさキャット(下)」 発売日変更のご案内

この度、3月24日に発売を予定しておりました、Blu-ray&DVD「第六巻 / つばさキャット(下)」につきまして、
制作上の都合により、発売日を2010年6月9日に変更させていただく事となりました。

発売を楽しみにして頂いております皆様には、大変申し訳ございません。
何卒ご理解賜りたくお願い申し上げると共に、心よりお詫び申し上げます。
http://www.bakemonogatari.com/info/index.html#n142


まさかの6月wwww
延期は来ると思ってたけど6月だとは思わなんだ・・・

延期のおかげでお金に余裕が出来て、少しフクザツな気分でございます・・・





・WEBラジオ「らじおん!」公開録音イベント「ろくおん!!」

日時:2010年4月4日(日)
17:00開場予定 18:00開演予定 19:00終演予定
※開場・開演・終演時間は変更になる場合がございます。
場所:都内某所
出演:豊崎愛生(平沢 唯 役)、日笠陽子(秋山 澪 役)、佐藤聡美(田井中 律 役)、寿美菜子(琴吹 紬 役)、竹達彩奈(中野 梓 役)
抽選で400名様をご招待いたします。
http://www.tbs.co.jp/anime/k-on/news/news1001-03.html#news35


らじおん公録キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!
って400名とかw倍率wwww
前回700名でも当たらなかったのに・・・
ま、当たらないだろうけど一応応募しますよ。





第8回『V.I.P』イベントは……

2010年夏に『リトルバスターズ!エクスタシー』のスピンオフ作品『クドわふたー』の発売を予定しているKeyより、スタッフによるトークショーや開発裏話、声優によるスペシャルライブなど、豪華なイベントが盛りだくさんの『クドわふスペシャル』をおこないます!!

イベント参加当選者の皆様には、超絶豪華お土産を用意しております!
当日は当選者以外の方にもご購入できるイベント限定物販の予定もしております。

3月5日(金)の夕方頃より、イベント入場券(ハガキ)&痛車展示の募集を開始いたしますので、是非ともご応募して下さい。
http://event.prpage.jp/event8.html


キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!
VIPはリトバスCEの時しか行ってないけど、今回は事前応募なのか。
当日ハラハラするよりよっぽどマシだなw



と、3月末から4月上旬にかけて地味にイベントがあって結構楽しみになってきた。
まあ全部抽選だから行けたらラッキー程度の気持ちだけどw




マブラヴ オルタ終わったーーーーーーーーーー!
長かった・・・ほんとに何回挫けそうになったことやら・・・

まあ、ある意味王道ストーリーだった。
予想外の展開ってのもなかったし

↓以下、主人公への愚痴↓

ウジウジパートがいちいち癇に障る。うざい。きもい。
まあ主人公の成長物語だからそういう描写が必要なのはわかるけど、うざいものはうざい。
もういいからさっさと立ち直って物語を進めてくれって感じw

というか主人公は最後まで全然成長してないw
ギャーギャー喚いたら喚いたでうぜえし、覚悟(笑)した後の「俺は全て悟ったぜ」的な態度がまた究極にうぜえ。
ようするになにやってもうぜえw
しかも何かあるたびに狼狽えて、たしなめられて「くそっ、覚悟したはずなのに・・・!」のエンドレスw
いくら覚悟してもまた同じようなことで悩む。そのせいで言うことなす事すべて軽く、嘘っぽく見える。
途中で読む努力を放棄しましたw
『悩んでる』の一言でまとめても何の問題もないと判断したwなんか読むのがバカらしくなったしw

まあ主人公の感情をリアルに表現したかったのはわかる。
自分が同じ立場にたったら普通にヘタレると思うしw
でも主人公の感情をリアルに表現した結果、自分は不快になったわけで。
それってゲームとしてどうなのって話w
ゲームって人を楽しませるためのエンターテイメントなのにプレイヤーを不快にさせてたら本末転倒もいいとこw

感情移入出来なくてどこか醒めた気持ちでで一歩引いて物語を鑑賞してた。
誰かが死んでも ああ、ここでこいつ死ぬんだ 程度の感情しか生まれなかった。

あーもう『主人公うざい』の題名で作文が書けそうだわw

↑ここまで↑

こういう主人公だって割り切れればいいのに、たくさんゲームやって求めるものが高くなりすぎたのかも。
難儀な性格になっちまったもんだ・・・

評価の高い演出面だけど、
ただのADVにしてはちょこまか動く。そのへんはageの強みだな。
ただ、そのせいでテンポが悪くなるところもあって残念。
まあ戦術機での対戦時の演出等は許せるとしても、日常パートの演出はだんだん目障りになってくるw
主人公いちいち驚きすぎwくどいw
寒い演出でただでさえ滑ってるギャグにさらに拍車をかけてるって感じw
あとどうでもいいけど「・・・・・・・・・」ってときの漏れる吐息がやけにでかくて気になったw

結論
少なくとも一昔前にプレイしていたらもう少し楽しめたと思う。
ただ、今の俺にはすこしきつかった。


さーて、次はなにやろっかなー!


| 未分類 | 00:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suzupol.blog34.fc2.com/tb.php/96-44a4858f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT